支那そば屋 わさらび 静岡県沼津市

 先日のこと。  夜の部に訪問するとどこかで見たことのある顔?  いまいち確信がなかったので、声をかけなかったら「覚えてます?」と声をかけていただきました。  ラーメン仲間のPさんでした。

 小心者ですいませんでした・・・

 未食だった油そばを注文。  先日食べた釜玉そばとは見た目も違いますね。  短冊切りにしてあるチャーシューが印象的。

画像 001

画像 003


 こちらも麺の下に醤油ダレがあり、これを混ぜて食べる。  昔ながらの油そばとも違うし、私の好きな「椿の油そば」とも違って、こってりすぎず満足感もあります。

 なるほど、わさらびにしては新しい試み。  これは面白い。  

 こちらも酢とラー油が提供されて好みで入れられます。  しかし、こちらの調味料を足さなくても十分美味しい。

画像 004


 後から聞いたのですが、付属のスープは釜玉そばの時は麺を少し残してそこに入れてほしい、油そばは麺を食べ終わった後に飲んでほしいとのことでした。

画像 002


 個人的にどちらが好きかと聞かれたら、今のところ釜玉そばかな?



 次の日の夜、前日Pさんが食べていたという「鶏白湯」、スープが濃くなったと聞いて訪問。  Pさん、今日の昼間もわさらびに来たらしいですね。  お互い2日連続でここに来るとは・・・

画像 005


 見た目スープがかなり白濁しています。  スープを一口飲むと「濃くなってる、そしてとろみも増しています」。

画像 006


 店主曰く「鏡花の鶏白湯を意識した」とのこと。  店主はこれ以上スープを濃くするともたれるこもとのことでしたが、私はこれ以上濃くなってもOKですよ。

 正直、以前の鶏白湯のスープはちょっと物足りない感があったので、これには大満足。  

 豚骨を濃くすることや、油で濃くするのとは違うので、私でも大丈夫なわけで・・・  このスープ、通常とは別に作っていて、夏場はかなり熱を発するらしいです。

 「鶏白湯、夏の間はやめようかな~、暑いから」  ご主人、そんなこと言わずに作ってほしいですよ。

 ちなみに鶏白湯は夜のみの提供となっています。



住所    静岡県沼津市花園町8-1  地図はこちら

営業時間   11:30~14:30、17:30~22:00

         いずれもスープがなくなり次第終了

定休日    月、第2,4火曜(但し、月曜が祝日の時は昼のみ営業)

         P 5台ほど 店の前に3台、ちょっと離れたところに3台(店の入り口に案内あり)

五行 東京都渋谷区

2008/6/28オープン。「博多一風堂」のネクストブランドで、おつまみが充実しているラーメンダイニング「五行」の支店。焦がしをつかったラーメンが特徴的。 以上東京のラーメン屋さんより

 都内に3店舗目の代々木上原店がつい先日オープンしました。  1店舗目は西麻布店2店舗目は銀座店ですね。

 こちらのウリは焦がし味噌ラーメンと、焦がし醤油ラーメン。  こんなラーメンもあるんだということをS井さんに知ってもらいたいということで訪問。

 オープンしたばかりなのに店内は満席。  夜なのでお酒を飲んでいる人もちらほら。

画像 027



 焦がし味噌ラーメンを注文。  相変わらずとても食欲をそそる香り。  ラードでスープの表面がフタをされた感じになり、見た目よりかなりアツアツです。

画像 028



 このアツアツが最後まで続くあたりはあの純連と同じ。  けっこう油っぽいのですが、たまに食べたくなる実に不思議な味なのであります。



住所    東京都渋谷区西原3-2-4 フロンティア代々木上原B1  地図はこちら

営業時間 月~水・日11:30~16:00、17:00~23:00、

       木~土11:30~16:00、17:00~翌3:00  

定休日   なし

 

めん徳二代目つじ田 神田御茶ノ水店 東京都千代田区

 トシモンさんとご一緒させていただいた時の記事。  私がかなりお気に入りのお店。  久しぶりにらー麺を注文。

 相変わらずクリーミーな豚骨魚介スープは旨い。  豚骨は苦手な私がここまではまってしまったのです。  魚介とのバランスが絶妙なんですよね~。

画像 014


 そこに伊駄天と同じ「三河屋製麺」の太麺。  これが又旨い。

 最近の卓次朗商店のラーメンがこちらのお店を意識しているのが良く分かった一杯でした。  

 かなりの回数食べているので、もう書くことがない・・・

 S井さん、満足してもらえましたか?



住所  東京都千代田区神田小川町1-4 都営新宿線小川駅、

     地下鉄丸の内線淡路町駅より徒歩1分 地図はこちら

都営新宿線小川駅より徒歩1分

  営業時間 11~15:30 17~21:30   11~20土、祝 

  定休日 日  

鮎ラーメンが食べられる! 真歩 静岡県袋井市

 何とも珍しい鮎のラーメンがあるということで、訪問。  鮎ラーメンといえば、二子玉川にあるこのお店。  私もお気に入りで何回か訪問しています。

 お店は住宅街の中にあります。  知っている人と行かないとちょっと分かりづらいかも。  さて、どんなラーメンなんでしょう?

 鮎ラーメンを注文。  カウンターに座って待っていると、鮎を焼いている香ばしい食欲をそそられる香りが・・・

 提供されたラーメンには焼いた鮎が2匹、のり(溶けるタイプ)、ねぎ、わかめ、なると、メンマ等が乗っています。

画像 005

画像 011


 スープは塩味ベースでシンプルなもの。  思ったほど鮎の香りはしません。  どうやらわかめ、ねぎ、柚子などで鮎の香りが消されているような・・・

 後、スープ自体は鮎でダシを摂っていないようです。  店主の話によると、もっと鮎が獲れる時期になったらダシも鮎で摂るとのこと。

 では9月になったら再訪しなくては・・・

 店主は「ぬちマース」(麺の房ひかりや菜かむらで使っていた)という沖縄の最高級の塩も知っていたし、これからが楽しみなお店でした。



関連ランキング:定食・食堂 | 袋井駅

7福神 森町本店 静岡県周智郡森町

 ラーメン業界では有名なHEさんが訪れていて、個人的にかなりお気に入りだったというお店に初訪問。  今回の食べ歩きメンバーはスガピーさん空パパさんです。

画像 012


 静岡県西部地方に何店か店舗があり、各店舗によって色んな味があるとのこと。  今回はHEさんのお薦めの「つけ麺しお」を注文。

画像 007


 開店直後に訪問したにもかかわらず、あっという間に満席。  あ、actionsceneさんもここで加わって4人に。

画像 010


 つけ汁ですが、何と生卵が入っています。  東池袋大勝軒ではこんなメニューもありました(未食)が、食べるのは初めてですね。

 鶏がらその他でダシを摂ってあるスープは、ちょっとしょっぱいが良くまとまっています。  そこで生卵を溶いて食べると、マイルドな味に。

画像 013


 麺はちぢれていてモチモチ感があります。  ラーメンの麺と一緒のようですね。

画像 014


 麺を中盛り(麺1.5玉)にしたにもかかわらず、あっという間に完食。  スープ割りをお願いして少しさっぱり目になったスープも美味しかった。

 森町といえばとうもろこし。  ということで、こんなメニューもあったり、他にも気になるメニューが多すぎ。 

画像 008

画像 009

画像 006


 是非もう一度訪問したいお店なのでした・・・

 


関連ランキング:つけ麺 | 円田駅遠江一宮駅

支那そば屋 わさらび 静岡県沼津市

 以前試作品としていただいた釜玉そばが完成したということで、食べにきました。  麺の皿とスープ、ラー油と酢が別々に提供されます。  

画像 001


画像 004


画像 003


 普通盛りと大盛があったので、大盛で注文。  麺の上には生卵、醤油他で味付けしてあるひき肉、のり、なると、ねぎ、天かすなどが乗る。

画像 002


 そしてこちらを良く混ぜると底のほうに醤油ダレがありました。  ちょっとしょっぱめだが、これがクセになりそうな味。

 わさらびにしては珍しいかなり濃い味付けですね。    食べ進んでいくうちにこれがハマる、ハマる。   天かすのサクサク感もいいですね。 

 そんなに油っぽくはないので、食が進みます。  あっという間にほぼ食べつくしたところで、調味料があることを思い出す。

 酢とラー油を入れてみました。  お、又違った味わいに。  酸味と辛味で最後まで完食。  入れなくても最後まで食べていたかも・・・

 最後にスープを飲んでさっぱりして完食。

 正直ここまで期待してなかったかも。  いや~、びっくりでした。  男性なら大盛にしないと後悔しますよ~。

 大満足でした。



住所    静岡県沼津市花園町8-1  地図はこちら

営業時間   11:30~14:30、17:30~22:00

         いずれもスープがなくなり次第終了

定休日    月、第2,4火曜(但し、月曜が祝日の時は昼のみ営業)

         P 5台ほど 店の前に3台、ちょっと離れたところに2台(店の入り口に案内あり)

麺や七彩@都立家政 東京都中野区

 昼にシャッターしてきたばかりなのに、15:30に再び訪問。  入った直後にのれんがしまわれて昼の部終了。  ふ~・・・

 7種類の冷やしのうち、パクチーつけ麺を注文。  今回は麺中盛り(300g)で注文。  15:30の時点で麺200+200+300で700g食べてます。  アホです。

 つけ汁は鶏の旨味たっぷりの鶏白湯っぽいスープ。  そこにバジル、トマト、にらなどが入っています。

画像 008


 バジルの香りが強烈です。  そして、辛い。  バジルってこんなに辛かった?  これは好みが分かれそうですね。  香草が苦手な人はだめかも。

 個人的には好きな味です。  そしていつもの麺。  今何となく気付いたのですが、去年は通常の喜多方ラーメンに使う麺でしたが、今年はつけ麺専用になっていたんですね~。

画像 007


 今気付くとは何とおろかな・・・  どちらも超がつくほど美味しいので、どちらでもいいといえばいいかも。  何といいかげんな・・・

 好みで酢が入れられます。  先ほどは酢を入れて美味しかったのですが、このパクチーのつけ汁にはちょっと合わなかったです。

 こちらもスープ割りをしてもらい完食。  良く食べるな~と我ながらビックリ。

 今日は閉店間際で他にお客さんもいなくなったので、お店の人と少し話が出来ました。  現在阪田さん(少し前まで厨房にいた方)は他の仕事で忙しいらしく、いません。

 現在藤井さんんとラーメンを作っている若い方は、以前のお店の常連さんだそうです。  2人とも背が高いので、息子さんかと思っていました。  靜岡に住んでいてもう6、7回目の訪問と言ったら、大変喜んでいただけました。

 忙しいのに私の話相手をしていただき、ありがとうございました。  

 今年の冷やし7種類制覇まであと3種類・・・


住所    東京都中野区鷺宮3-1-12  ちずはこちら

営業時間 11:30~16:00頃(なくなり次第終了・100食売り切れまで)

定休日   火曜

麺や七彩@都立家政 東京都中野区

 先ほど食券を2枚買ったので、2杯目の「紫葫坦々つけ麺」を注文。  最初に酢と紫ピーナッツが入った容器が提供されました。

画像 006



 店員さんの説明によると、「酢を紫ピーナッツに入れると、色の変化、味の変化が楽しめます」との事。  なるほど、紫色がピンク色に変化していきます。  このアイデア、去年もありましたね。

 つけ汁は白濁していてそこのラー油が浮き、紫玉ねぎ、ひき肉、水菜などが入っています。

画像 005

画像 004



 つけ汁自体には酸味がないので、そこの先ほどのものをすこしずつ入れながら、味の変化を楽しみます。

 無化調で動物系のスープをほとんど使っていない冷やしなのに、なぜここまで旨味とコクがあるんだろう。 

 唸りっぱなしです。 

 スープ割りも温と冷が選べて冷やしで割ってもらうとこれが又旨い!

 2杯目でかなり腹一杯だったにもかかわらず、ほぼつけ汁も完飲。  底のほうに入っていたひき肉他具まで全部食べました。

 またまた大満足なのでした・・・


住所    東京都中野区鷺宮3-1-12  ちずはこちら

営業時間 11:30~16:00頃(なくなり次第終了・100食売り切れまで)

定休日   火曜

麺や七彩@都立家政 東京都中野区

 ランチタイムに開店前から並んでみました。  「つけ麺七彩」の券を2枚買う。  7種類あるうちの2杯を食べる予定。

画像 019


 1杯目「醤油もろみの中華ざる」を注文。

画像 001


 そばのせいろに色々乗ってます。  小さい器に入っているのは醤油と味噌のもろみです。  他にもしょうが、わさびも添えられていますね。

画像 002


 まずは麺だけ食べる。  やはりこの麺は絶品ですね~。  実に旨い。  コシを残しつつもっちり感もあり噛むと小麦の風味がいっぱいに広がる傑作です。

 写真下手ですいません。

画像 003


 そしてつけ汁に醤油ともろみを少しずつ入れて溶かしながら食べていく。

 う~ん、この醤油もとても旨い。  私の表現力がもっとあれば上手く伝わると思うのですが・・・ 味噌はまろやかで旨味が詰まっています。

 生姜とわさびも味に変化をつけるのにとても役立ちます。  食べていくにつれて味を濃くしていき、飽きることなく麺を完食。

 最後につけ汁に最初に残っていたスープを入れて、スープ割りとして完食。  このスープ割りがダシの旨味が良く出ながらさっぱりしていて大満足なのでありました。


 住所    東京都中野区鷺宮3-1-12  ちずはこちら

営業時間 11:30~16:00頃(なくなり次第終了・100食売り切れまで)

定休日   火曜

かど乃や  静岡県裾野市

 噂では聞いていたお店に初訪問。  実は以前探したけど分からずに帰ったという苦い思い出があるのでした。

  実際場所が分かったのですが、以前に何度も店の前を通り過ぎていたことが判明。  かなり落ち込みましたよ・・・

画像 001


 どうやら7月からメニューが変わったようで、火、水、木はあっさり出汁の日で豚骨はお休みとの事。

 初訪問なので基本の醤油ラーメンにしてみました。  見た目たっぷりの背脂が浮いています。  これであっさりなのか?  作り手があっさりというのだからあっさりなんだろうけど。

画像 003



 けっこう動物系が効いていて、あっさり感はありません。  むしろこれより濃くなったら私には無理かも。

画像 004



 イメージ的には横浜家系ラーメンに少し近いかな?  家系をしょっぱくなくした感じ。

 麺はピロピロしていて、モチモチ感もありますね。  札幌味噌ラーメンの麺を加水率高めにしたみたいな感じ。

画像 005


 周りは社員寮が多くあるところで、ちょっと「なぜこんな所に?」と思いました。



住所    静岡県裾野市御宿1482-5  地図はこちら

営業時間 11:30~14、17:30~21

定休日   不定休

九段 斑鳩 東京都千代田区

 新作が始まっていました。  塩担々麺(昼10、夜10)食限定と味噌担々麺(夜20)食限定です。何と替え玉まで出来るようですね。

画像 005


 塩担々麺を注文。  麺の上にはきにこ、ひき肉、ねぎなどが乗る。  面白いのはアラレが浮いていて、食べるとサクサクしますね。

画像 003

画像 004


 麺は細麺で何と麺にキムチの素が練り込んであります。  確かチーズガーリック油そばの麺にも入ってましたね。

 辛さはけっこうきつかったが、辛うじて我慢出来るレベル(辛いのが苦手な私にとっては)でした。

 しかし、スープのベースの豚骨が強かったので、私にはちょっときつかった・・・



住所    東京都千代田区九段北1-9-12   地図はこちら

営業時間 月~金11:00~15:00、17:00~23:00

       土曜祝日11:00~16:30、18:00~22:00(夜の部スープ売り切れの場合、早仕舞あり)

定休日   日曜

六厘舎

 こちらのお店、出来てすぐに訪問して以来、2年10ヶ月ぶりの訪問。  以前の記事はこちら  当時は夜もやっていて、空席もあったんですよ。  今では信じられませんが・・・

 平日の16時くらいにもかかわらず、10人以上の待ち。  カウンターのみの10席ほどで、そこに座っている人が全員食べ終わると、次の10人が入れるというのを繰り返す総入れ替え制。

 並んでいるときに注文を聞かれるので、店内に入って座ってからはさほど待ちません。

 つけ汁はオイリーで甘味も酸味もあり、濃厚豚骨魚介系。  特徴であるのりの上の魚粉もありましたね。

画像 002


 麺は浅草開花楼製でモチモチ感がありながらコシがあるという特注麺。  この間食べたEXの麺と非常によく似ています。 

画像 001


 この麺は絶品ですね~。

 スープ割りは柚子の粉末のようなものがかなり効いて、アツアツになり美味しい。  ネット上で売り出すとあっという間に売り切れてしまうという持ち帰りラーメンも、お店では売っているようですが、本日は売り切れとのこと。  残念。



住所    東京都品川区大崎3-14-10  地図はこちら

営業時間  11:30~16:30(スープ切れ終了)

定休日  火曜

 

ラーメンゼロ 東京都目黒区

 ついにやってきました。  リベンジの時が・・・

  思い起こせば2006年5月、どっちの料理ショーという番組のラーメン対決でせたが屋が優勝した時に作ったラーメンを限定数20で1日だけ提供することになり、朝7時30分に新宿御苑のひるがおに行くも、明らかに20人以上並んでいてあきらめて帰ったという苦い思い出があるのでした。

 その時のラーメンをベースにラーメンを作り、7月19日(土)にオープンとなりました。  偶然オープン初日に訪問することが出来ました。

画像 024

画像 025


 今までオープンした店でこんなに沢山花が飾ってあった店はあったでしょうか?  花の贈り主の一部を紹介すると  ど・みそ、博多新風、なんつっ亭、蒙古タンメン中本、たけちゃん煮干しラーメン、ぎょうてん屋、支那そばきび、六厘舎、ちばき屋、麺の房砦、ちゃぶ屋、えるびす、東池袋大勝軒、けいすけ、しんの助、TETSU、道頓堀、進化、花の季、斑鳩など。

 せたが屋系列の店はかなり行きましたが、あの前島店主がいたのは初めて?

 で、このラーメンゼロ、どこがすごいのかというと、醤油でも塩でも味噌でも豚骨ないラーメンなんです。

画像 029


 普通ラーメンに使う醤油ダレや塩ダレなど使っていません。  使用している食材の1部は昆布、厚岸あさり、貝柱、スルメなど。

画像 030

画像 031


 これらで化学調味料不使用でありながらこのコクがあり旨いスープを作ってしまうのだからスゴイ・・・  魚介類の旨味が凝縮されています。

 そして1枚入ったチャーシュー、これが炙ってあるもので本当に香ばしい。  脂身もあまりなく、とても私の好み。

 メンマも2種類入ってますね。  穂先メンマと普通のメンマ。  どちらもとても美味しい。  具にもこだわりがあるのが嬉しいですね。

画像 032


 いや~、とても満足でした。

 最後には何と「せたが屋」のお持ち帰りラーメン「2食入り」をお土産でいただきました。  お土産もらったからではなく、リベンジが果たせたということでよかった~。



住所    東京都目黒区下目黒3-4-6  サンライズ目黒1F  地図はこちら

営業時間 11:30~16、18~スープ切れまで

定休日   火曜、第二水曜

中華そば 勇次 東京都町田市

 鏡花の後は勇次に。  特別カムゾウ(平麺)つけ麺+肉増し(薩摩黒豚ロースうす切り)を注文。

 麺は鏡花より少し幅広?  鏡花で麺作りに使用した卵は名古屋コーチンとアローカナ、勇次は名古屋コーチンのみと、同じイベントでも少し違った麺でした。

画像 045

画像 046


 具が別皿で提供されます。  更に肉増しで注文した黒豚、これがジューシーで旨味たっぷり。  こんなお肉、このお値段では他のお店で絶対食べられません。

画像 043


画像 047


 いや~、こちらの麺も素晴らしい。  嘉夢蔵で食べた麺とはビミョーに違うような気もしますが、この良く噛まないと飲み込めない麺は美味しいです。

 つけ汁も鏡花とビミョーに違うような気がします。  どこが違うといわれてもバカ舌の私にははっきりとは分からないのですが・・・

画像 044


 鏡花の麺がかなり多かったので、こちらで注文した麺は少なめにしてもらいました。  ちなみにMYミクのHさんは2件普通の量で食べて、更に勇次で玉子かけご飯を食べたというのだからスゴイ。

 かなり腹一杯だったにもかかわらずスープ割りも完食。  このスープ割り、生姜が少し効いて勇次の上品なスープが加わりこれが又美味しい。

 嘉夢蔵が閉店してしまった今、店主だった藤井さんから麺作りを教わった田中さんがいらっしゃる勇次に期待します。

 その藤井さん、こちらのお店もご一緒させていただいたのですが、遠いところ本当にお疲れ様でした。



住所    東京都町田市金井2-3-25 地図はこちら        
  
  営業時間  11~15 夜は「オードリー」と店名を変えてラーメンを提供中        

          オードリー(18~22:30)    

  定休日   月、金

 

 

鏡花 東京都立川市

 7/19,7/20,7/21と、6月に惜しまれつつ閉店した嘉夢蔵の藤井店主をリスペクトして、嘉夢蔵つけ麺を1日40食限定で提供するイベント狙いで訪問。

 今日の食べ歩きメンバーはトシモンさん、かじやんさん、某ラーメン店店員さんです。  開店前並んでいると、何とラーなび達人山本さんの姿も・・・

 更に店内に入ってしばらくすると、何と何と元嘉夢蔵店主の藤井さんの姿も。  松戸からいらしたのですね。

 嘉夢蔵では幅広麺のみの提供はなかったのですが、今回は麺は幅広麺のみでかなりの量ですね。

画像 039


 この麺、よ~く噛まないと飲み込めません。  そこにこの幅広麺の狙いがあります。  この麺にはかん水をほぼあるいは全く使わず、名古屋コーチンの玉子を大量に使っているそうです。  

画像 040


 つけ汁も本家とほぼ同じ。  有機野菜を使っています。  生姜がちょっと効いた感じ。  やっぱり素晴らしい。

画像 038


 その後、鏡花から「中華そば 勇次」に向かったのですが、何と藤井さんと勇次までご一緒できることに。  嘉夢蔵のこだわりから、ラーメンや食材の業界のことまで大変貴重なお話をしていただきました。

 最後に藤井さん曰く「ラーメン屋になるのは止めたほうがいいよ、大変だから」。 だそうです。

 恐らく日本一こだわりのラーメンを作っていた店主だから言えることですね。  二度と出来ないと思われる大変貴重な体験でした。 

 なお、このイベントはこれから毎年夏にやっていく予定だそうです。


  住所   東京都立川市柴崎町2-12-20 地図はこちら

  営業時間 11:30~15、18~22  土日は通し

  定休日  なし

 

麺や七彩@都立家政 東京都中野区

 もう6回目の訪問。  何と12:30で待ちゼロ。  こんなことは初めてです。  店内には2席ほど空席も。  かなりビックリです。  1時間待ちは覚悟してきたのですが・・・

 毎年夏に提供されている冷やし7種類のうち、「トマトつけ麺」を注文。  麺の量が150、200、250、300gと選べましたが、連食のため150gにしてみる。

 つけ汁が温と冷が選べたので、店員さんにお薦めを聞いてみると、冷たいほうだということで冷たいほうで注文。

 お薦めを聞いたときはっきり答えられるというのは、とても信用出来ますね。  

 つけ汁には1/4に切ったトマト、2種類のブロッコリー、シソの葉などが入る。  醤油味で節系とトマトの酸味が良く効いていて美味しい。

画像 020


 そして麺。  国産小麦100パーセントの麺。  麺だけで食べると

                             旨い~

画像 021


 今までにも麺だけ食べて旨いと感じたことは何度もありますが、ここの麺は別格かも。  本当に旨い。  パワーアップしたのか???

 最後のスープ割りも冷と温が選べて冷にしましたが、節系が一段と際立ちじんわりと旨い。

画像 019


 冷やし7種類全部食べたいのですが、無理だろうな・・・

 店を出ると10人ほどの待ちでした。  最後の人は1時間近く待つでしょう。  運がよかった。



住所    東京都中野区鷺宮3-1-12  ちずはこちら

営業時間 11:30~16:00頃(なくなり次第終了・100食売り切れまで)

定休日   火曜

くるり 東京都新宿区

 同行者のS井さんのたっての希望により2回目の訪問。  前回の記事はこちら  前回はラーなび限定を食べていたので、通常メニューは初となります。

 開店40分前で待ち2。  平日ですよ・・・  開店時には30人くらいの行列。  

 味噌ラーメンを注文。  具はネギ、チャーシュー、にら、大量のもやしなど。  そこにラー油? みたいなもので辛味が加わっています。

画像 017


 スープは濃厚豚骨味噌という感じ。  そこに背脂が加わり更にこってり感が増しています。  ど・みそも凄かったが、こちらも負けていません。  

 麺はかん水多目で加水率高めだと思われ、一般的な札幌ラーメンの麺よりはモチモチ感があります。  この麺はけっこう好きかも。

画像 018


 しかし、量が多いので食べても食べても減っていく感じがしません。  かなりのボリューム。  こちらのお店、以前全国ランキングでNO1になったんですよ。

 しかし、私にはちょっと濃すぎるラーメンだったかも。  かなり濃厚で個性的ならーめんなので、ピ~ンときた人は是非体験してみてください。



住所     東京都新宿区市谷田町3-2  地図はこちら

営業時間 11:00~19:00

定休日   日曜

らーめん 神田 磯野

 ラーメンマニア?の間では何かと話題の新店。  初訪問なので醤油らーめんにしてみました。  

画像 023


 見た目は実にシンプルな中華そばといった感じ。  しかし、スープを飲むと

画像 024


 こりゃ~旨い。  写真下手ですいません。

画像 025


 この旨味は何だ?  鴨や名古屋コーチンの地鶏などの鶏の旨味がハンパじゃありません。  私は基本的に魚介の旨味がけっこう感じられるラーメンがすきなのですが、このラーメンの旨さにはビックリしました。

 この鴨へのこだわり、スゴイです。

画像 026


 麺は中太ですね。  バランスはけっこう良い。

 鴨ラーメンといえば中華そば勇次ですが、こちらのラーメンも鴨の旨味たっぷりで実に旨かった。

 店主も実に誠実そうな人でした。  再訪確実です。

 今年はほん田RAMEN CIQUE(ラーメン チキュー)に続いての注目の新店。  目が離せませんね。



住所    東京都千代田区神田須田町1-3   つじ田のすぐ近く  地図はこちら

営業時間 11:30~20:30、土祝11:30~19:00

定休日   日曜

麺や食堂 神奈川県厚木市

 もう3~4回目の訪問になるかな。  中華そば(醤油味)を注文。  650円にもかかわらず、大き目のチャーシューが2枚乗っています。  普段あまりコストパフォーマンスのことは書きませんが、このチャーシューにはビックリ。

画像 009


 見た目、麺が折りたたんであるようで実に芸術的。  くずして食べるのがもったいないですね。

画像 010


 最初スープを飲むと以前と変わり、支那そばやのような魚介が前面に出ないまとまり方になったと思いました。

 しかし、食べ進んでいってスープを飲むと、アラ不思議。  いつものキレのある魚介系スープになってきた。

 コレ、この旨さですよ。  何回も来たくなる理由は。

 今のところ私の中では神奈川県内で1、2を争う好きなお店。

 チャーシューも脂っこくなく私の好みの味。  値段もさることながら、スキの見当たらない1杯ではないでしょうか?


住所    神奈川県厚木市幸町9-6  地図はこちら

営業時間 11~15、18~23

定休日   月(祝の時は営業、翌日休み)

才蔵 静岡県焼津市

 ボボイさんに教えてもらった期間限定の「和え麺」を食べに訪問。  並で麺200g、中で麺300gだったので、300gにしてみました。

画像 004


 四角い器に盛られた麺はけっこう迫力があります。  麺は才蔵では見たことのない太麺。  これがモチモチしつつ、ちゃんとコシもありかなり私の好みの味。

画像 005


 麺の下にタレが潜んでいるので、良くかき混ぜてみるとけっこうオーソドックスな味ではありますが、その中にも煮干しの風味が感じられますね。

 基本的な油そばの延長線上にあるといった感じ。  けっこう保守的だと思っていたこのお店で和え麺を始めるとはビックリでした。

 麺はけっこう気に入ったので、この麺でつけ麺を食べてみたいですね。  なお、8月からタレが変わるようです。  そちらも楽しみ。


店主のブログはこちら  

麺行使 伊駄天 本店 静岡県藤枝市

 四季彩菜麺2008夏第一弾  “太陽のトマト麺” 伊駄天流つめた〜いトマトのらー麺 を食べにきました。  

 しかし、以前食べて非常に美味しかった「薫玉香る肉そば~フレーバーW又焼麺~」のランプが売り切れになってない・・・  ちょっと迷った挙句やっぱり四季彩麺に。

 店主に「先日はんつ遠藤さんが来たんでしょ?」というと、「何で知ってるの?」と驚き顔。  「ラーなびに載ってましたよ」と言うと納得した模様。  すっかり有名店ですね。

画像 001


 スープはけっこう酸味が効いたトマト味。  トマトが嫌いな人には決してお薦め出来ません。  私にとってはこのうえない好きな味。

画像 003


 そこにトマトと相性バツグンのバジルがちりばめられていますね。  あ~ タマラン。

 何だ、この鶏チャーシュ-の旨さは。  かなりビックリ。

 薫玉の表面はけっこう白っぽく塩味として新しく作り直したらしいものですが、黄身の部分があのメチャ旨い薫玉と同じ。

画像 002


 唸りっぱなしの1杯でした。

 写真を撮るのが下手ですいません。



お店のHPはこちら

胡心房 東京都町田市

 ラアメン家69’N’ROLL ONEで食べ終わった後、すぐにこちらへ。  開店15分前で15人ほどの待ち。  限定大丈夫かな?

 しかし、自称ラヲタから見ると、限定を注文しそうな人は見れば何となく分かります。  よし、今日は大丈夫だ。

 大人の旨ダレそばスパイシーカレー編を注文。  厨房を見ていると、店主以下とてもてきぱき動いていますが、ラーメンの提供はけっこう遅め。  かなり手間がかかっていますね。

 特にスゴイのは理恵店主の湯切り。  ザルに入れた麺をスゴイ力を入れて水を切ります。  

 これは一見の価値アリ。  まさか女の人がここまでやるとは・・・

 ラーメンの器と紙エプロンが提供されました。  紙エプロンの気遣いも嬉しいですね。

画像 009


 麺の上にはキュウリ、レタス、タンドリーチキン、コリアンダー、温玉などが乗り、カレーダレは麺の下に。  

画像 011


画像 012


 盛り付けがキレイなので混ぜるのがもったいないが、よく混ぜて食べてみる。  けっこう辛いです。
しかし、メチャ旨い。

画像 010


 このタンドリーチキンも手間がかかっていて美味しい。  半分ほど食べて温玉を溶いてみると、少しマイルドになりこれまた美味しい~。

 最後にライスボールをカレーダレに絡めて食べ完食。  いやはや大満足。

画像 013


 こちらはチャーシューサンド。  人気メニューのようです。

画像 008


 しかし、こちらのお店、書きたいことはまだあります。  何と言っても店員の女の子がカワイイ!。
大晦日の時もいた娘です。

 接客も素晴らしく、あの笑顔で対応されるともう溶けてしまいそうです。  という訳で何回も来てしまうんですね~。



住所    東京都町田市原町田4-1-1 地図はこちら    
営業時間  12~15、18~21  12~20(日祝、スープ切れ終了)   

定休日   月

ラーメン ロック ンロール ワン@ 町田 (ラァメン家69’N’ROLL ONE) 神奈川県相模原市(最寄り駅は町田)

 限定のカルピスクーラー2008狙い。  開店30分前で前6人くらいの待ち。  案内係?のステキなお兄さんと少し話をしながらしばし待つ。

画像 007


 シャッターで並んでいた人はほぼ限定を注文したいました。  まず見た目がとてもキレイ。  緑色のとんがったのは松のトゲトゲ?  他きゅうり、パプリカ、ねぎなど色とりどりですね。

画像 001


 スープは白い色をしています。 

 そこに香辛料がかかっています。 

 カルピスというので、すごく甘いものを予想していましたが、そこまで甘くなかった。

 う~ん、でもカルピスだ~  こりゃ面白い

 店主のウデがないと、とても食べられたものに仕上がるとは思えません。  通常のメニューが素晴らしいからこそ、限定にも期待してしまうんですよね~。

 しかし、このラーメンを注文すると、あの嶋崎店主の独特な湯切りが見られないんですよ。  冷やしなので、水で絞めてザルで水を切っています。

 美味しくてスープをほぼ飲み干してしまった。  次もあるのに・・・

【theme : ラーメン
【genre : グルメ

tag : カルピス 冷やし

RAMEN CIQUE(ラーメン チキュー) 東京都杉並区

 荻窪に来るのは小倉優子音楽隊を見て以来です。  2回目の訪問。  前回食べた限定と少し食べた塩がかなり気に入ってしまったので、又来てしまいました。

画像 030


 今回注文したのは塩ラーメンと限定の冷製和え麺「雲丹豚骨と山葵の2色ソース」です。

 

 

more...

本丸亭 神奈川県厚木市

 本店は3,4回目の訪問。  平日にもかかわらず、開店15分前で先客2。  開店して10分で店内に待ちが7~8人。  すごい人気です。

 あの仙人のような店主は不在。  そのかわり、川崎店でよく見かけた人が厨房内にいました。

 たまたま訪問した日から始まった「塩つくね入りらー麺」というのがあったため、そちらを注文。

画像 006


 何とかなり大きい鶏のつくねが6個もはいっています。  これにはビックリ。

画像 007


  これが又旨い。 大きさも旨さもかなり満足度は高いです。 他一つ入っていたワンタンもこれまた美味しい~。

画像 008


 青竹打ちの麺もスープも相変わらず旨くて、大満足。  塩ラーメンとしては、全国でもかなりのレベルだと思われます。  実際、とあるTV番組で過去に全国1位になりました。



住所    神奈川県厚木市幸町4-10   地図はこちら

営業時間 11:00~15:00 18:00~22:00

定休日   火曜

鶴の舞@鶴舞 愛知県名古屋市中区 名古屋鶴舞の美人女将さんは見られませんでしたが・・・ 

 主なメニューが醤油ラーメンと味噌ラーメンしかなく、そのうちの醤油の柚子胡椒味を選択。

 スープは茶色く濁っていてかなり柚子胡椒が効いています。  というか効きすぎ!という位です。

画像 010


 麺は黄色く、ちぢれています。  見た目は札幌ラーメンのようですね。   これはスープとのバランスがちょっと良くないかも。  まあ、スープ自体のバランスもあまり良いとは思えませんでしたが。

 店内にはコント仕掛けのスペシャリスト「アンジャッシュ」のサインもあったりして・・・

画像 009


 店を出た後、Bさんが不機嫌そうでした。  なぜか聞いたら、「美人女将がいなかった」との事。

 思い出した

 なぜこちらのお店を食べ歩きリストに入れたかというと、美人女将を見るためだったからです。  う~ん、そう考えると残念でした。



関連ランキング:ラーメン | 鶴舞駅上前津駅矢場町駅



【theme : ラーメン
【genre : グルメ

tag : 美人 醤油 味噌

麺屋武蔵 二天 東京都豊島区

 少し前の記事。  限定の三刀流辛味噌麺温玉のせを注文。  開店5分で待ちが出来ていました。

 待っている間に食べ方が書いてある紙を読んでみる。  なるほど、大まかに3つの流れがあるらしい。

画像 001


画像 002


 まずは油そば。  麺の上に肉味噌、温玉が乗る。  これに酢(ライム)をかけてよく混ぜる。  最初上のほうだけ混ぜて食べてみたが、ちょっと物足りない感じ。

画像 003


 底のほうにありました。  タレが。  で改めてよく混ぜて食べるとちょっと甘味さえ感じられてとても美味しい。

 次につけ汁に麺を入れてつけ麺として食べる。  つけ汁は辛味噌味で、もやしも入っています。  これはけっこう辛い。

画像 004


 最後につけ汁を麺のどんぶりの中に入れ、味噌ラーメンとして食べる。  割りスープを注文しないと濃すぎるかも。  

 スープ割りでスープの魚介系が引き立ち、美味しく食べやすくなる。  このアイデア、以前「くるり」で食べたラーなび限定に似ていますね。  とても面白い。

 後、麺が以前と変わった?  噛むとキュッキュッと鳴るような感じで美味しかった。

 辛さ自体は前回食べたマーボードーフラーメンのほうがすごかったかも。  でもまだまだ引き出しが多そうです。  これからも期待しているお店です。



住所    東京都豊島区南池袋3-14-12 池袋駅東口より徒歩5分程 地図はこちら

 

  営業時間  11~21:30 

  定休日   なし

麺坊ひかり@西笠松 岐阜県岐阜市 岐阜で神奈川端麗系の名店中村屋出身の店主が作るラーメンが美味しすぎる

 店主が神奈川の名店「中村屋」出身だということです。  昼時だったので、10人ほど待ちができていますね。  初訪問なのでラーメンを注文。

 見た目は中村屋や才蔵にそっくり。  ふわっと香る魚介系が好みです。  味は先日食べた中村屋とほぼ同じで旨かった。

画像 007


 中村屋でお馴染みの炙りチャーシュー、これがまた旨い。

画像 008


 若い人から年配の人まで幅広い層のお客さんでにぎわっています。

 気になったのが、雑誌とのコラボで1年間限定で提供している「そぼろ」というラーメン。  「ぬちマース」というを使用しているようで、先日訪問した相模原の「菜かむら」と同じです。

 これにはビックリ

 このメニューを注文したボボイさんに少しもらいましたが、これが又旨かった。  

 この「そぼろ」を食べに又来なくては・・・



関連ランキング:ラーメン | 西笠松駅柳津駅





【theme : ラーメン
【genre : グルメ

tag : 人気 魚介系

麺行使 伊駄天 本店 静岡県藤枝市

 冷やしメニューの2食目。  前回が冷やしの醤油だったので、今日は冷やしの塩にしてみました。スープのベースは醤油と同じ(だと思う)。  節系の旨味たっぷりですね。

画像


 そして味玉。  え、醤油を食べたときと違う?  何か違っていたような・・・  気のせいかな? 実に美味しい。

 チャーシューが短冊切りになって乗っていますが、醤油の時より私の好みの味になっています。

 こりゃ~旨い。  

 全部制覇するにはあと2食。  冷やしつけ麺の醤油と、冷やしつけ麺の塩。  最近このお店、頻繁に来ています。  ちなみに今日はトシモンさんとボボイさんとご一緒させていただきました。  

 

   

大山 静岡県富士市

 つけ麺がそろそろ始まっているかな?と思い訪問すると、魚つけ麺(だったかな)というのがありました。

 つけ汁は表面にけっこう油が浮いています。  魚粉も乗っていますが六厘舎その他のお店のようにのりの上に乗っているわけではないので、すぐスープの中に沈んでしまいます。

 見た目インパクトを与えるなら、のりの上に乗っているほうがいいですね。  豚骨スープに魚介に油で力強さは十分。  ただ、つけ汁はちょっと温め。

 麺はかなり硬め。  硬すぎるんじゃないかと思うくらい。  アゴが疲れます。  個人的にはもうちょっと柔らかめがいいです。

 スープ割りを頼むと、別の容器で白いトンコツスープが提供されます。  つけ汁が冷えてしまったので、全部入れてみる。  

 割るのが豚骨スープなので飲みやすくさっぱりという感じはしませんでしたが、美味しかった。

 確か去年はこんなつけ麺はなかったような?

 お詫び   写真がどこかにいってしまい、写真はナシです。  すいません。


 住所    静岡県富士市青葉町604 地図はこちら

 

  営業時間  11~15、17~21 

  定休日   なし 
以下はfeedlyの登録用ボタンです
follow us in feedly
プロフィール

静岡人

Author:静岡人
 毎週水曜日SBSラジオの「GOGOワイド らぶらじ」の「今日の聞いてみよう」というコーナー(15:40頃)に出演させていただいております。

 静岡市在住のラーメン大好き人間です。 主に東京とその近辺のラーメンを食べ歩きます。
ラーメン食べ歩きで47都道府県に行っています。 
 当ブログは、主にこんなラーメンがあるよという情報提供が目的であり、ラーメンそのものの分析のようなことは公開しておりません。
 あまりラーメンのこと詳しくないので、御了承ください。
食べた日と、記事を書いた日はほぼ一致しませんのであしからず。

 ビートルズが好きで、ゆかりの地めぐりにイギリスに行きました。
 旅行記やコンサートの記事もあります。

 twitterやってます
 @sizuokajinn (静岡人で検索してください)
 フォロー&リツイート大歓迎です。よろしくお願いします。 

 関わらせていただきましたテレビ番組
 筧利夫のサタハピ静岡
 BSジャパン 武田鉄矢の昭和は輝いていた

 ラジオ番組
 SBSラジオ 山田辰美の土曜はごきげん

 ラーメン本
 ラーメンマップ静岡
 ラーメンwalker静岡2013
 ラーメンwalker静岡2017

最近の記事
こんな商品が通販で買える!
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ランキング
静岡市在住のラーメンつけ麺大好き人間です。 主に東京とその近辺のラーメンつけ麺を

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも一覧

第三希望のしがないブログ ~静岡西部・浜松 ラーメン・つけ麺~

新潟ラーメンを語る
ポイント二重取りにチャレンジ!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス こちらに会員登録してサイトを経由して買い物をするだけで、ポイントがたまっていき現金やギフト券、電子マネーなどに交換が可能です。100%ポイント還元(実質無料)(超お得)もアリ。
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
タグ

人気 ラーメン ランチ営業 日曜営業 家族・子供と 同僚・友人と 一人で 行列 老舗 豚骨 醤油 濃厚 煮干 有名 魚介系 自家製麺 静岡 餃子 つけ麺  雰囲気 味噌  カレー モチモチ チャーハン 限定 動物系 テレビ 鶏白湯 ニンニク 冷やし 朝ラー 中華そば 東京 焼きそば ノスタルジック まぜそば 女性 完成度 うどん ガンダム 浜松 お台場 唐揚げ 隠れ家的 友人・同僚と 豚骨臭 トマト 北海道  マグロ 和風 ラジオ 台湾 そば お洒落  秘境 デートで 世界遺産 背脂 全粒粉 中華料理 ガッツリ タンメン おすすめ アツアツ ビートルズ 手打ち 化学調味料不使用 清水 ドロドロ 再訪必至 焼肉 比内地鶏 青森 山奥 こってり 二郎 イギリス 深夜営業 カツオ 二郎系 地鶏  ロンドン 担々麺 低温調理 冷やし中華 隠れ家 レモン 英国 昭和 焼津 沼津 あっさり オリンピック カツ丼 油そば コラーゲン 新東名 宮城 藤枝 ラーメンショー 第二東名 まぐろ 富士宮 新潟 手火山式 三島 軍鶏 麻婆豆腐 チーズ 極太 仙台 美人 NEOPASA おでん 極太麺 富士 白醤油 蕎麦 冷麺 やきそば お好み焼き 和歌山 掛川 福井 安い サービスエリア リヴァプール 札幌 丸鶏 利尻島 竹岡式 高山 ネオパーサ ワンコイン ラーメンフェスタ 東京ラーメンショー 岡山 海鮮丼 島田 白河 柚子 韓国 福島 家系 ゆきりん 沖縄そば クラプトン 横浜 ラーメン博物館 濃度 24時間営業 池袋 帯広 わさび 釧路 サンマ 食堂 支那そば ボサ系 辛い 海鮮料理 名古屋コーチン 富士山 新横浜ラーメン博物館 秋刀魚 湯河原 かわいい こだわり 博多 トリュフ 佐野 薩摩観光大使 ウニ チャーシュー 24時間営業 根室 パーキングエリア 素晴らしい 会津若松 僻地 燻製 ご当地 小倉優子 フェスタ 京都 大間 豊橋 秋田 無化調  豆乳 ミシュラン ベジポタ 太麺 接待で 牡蠣 名古屋 ランチ 女子 お茶 ご当地ラーメン 大勝軒 長野 伊豆 大阪 カフェ 松本 室蘭 ワンタン オンリーワン クリーミー カワイイ 町田 水木しげるロード 牛骨 とんこつ カツ ラーメンマップ 全粒紛 八戸 日光 サンマーメン 利尻 真空調理 酒田 寿司 山形 網走 ミドリムシ さんま 岩手 冷し つけそば グリーンカレー 荻窪 山梨 新宿 徳島 イベリコ  中毒性 御殿場 本マグロ  かつお 東京ラーメンショー2012 小麦 スタミナ パストラミ 沖縄 冷やしラーメン 淡麗系 つけ麺博 お台場ラーメンパーク 通し営業 函館 磐田 豚丼 海鮮物 下田 燕三条 手切り 鮮魚系 AKB 黒豚 カラシビ  しょうゆ 古民家 焼豚 文化遺産 ヘルシー デザート ジャンク 八王子 アビイ・ロード 高円寺 路地裏 喜多方 水窪 ローストビーフ アンチエイジング 再訪確実 青竹打ち 台湾まぜそば ワンタンメン 汁なし 朝ラーメン 手火山 乾麺 そば、餃子 AKB48 ラム イケメン ランチタイム営業 外せない  イリコ 讃岐 佐久間町 熱海 熊本 鉄板焼き 中華そば焼きそば、タンメン 生醤油 胡椒 滋賀 アゴ出汁 オススメ 古民家風 ボザ系 中村屋 平打ち カキ うなぎ 富士市 鹿児島 敦賀 井川 伊東市 ソーキそば 深夜 鳥取 大つけ麺博 茨城 もりそば ラーメンパーク 取材拒否 海鮮 女子博 あつもり グルメ 袋井 中国料理 閉店 激辛 さくらえび 豚骨魚介系 伊東 マー油 王様中華そば 女の子 石神本 うに 餃子、麻婆豆腐 宮古 柚子胡椒 神奈川 アゴ 喫茶店 長岡 釜石 牧之原 パクチー 冷し中華 スパイス 千葉 サバ トロトロ  焼き肉 

フリーエリア1