祝 ロンドン オリンピック 開催 英国 旅行 アビイ・ロード(Abbey Road)beatles編 その6 ロンドン(London) 世界一有名な横断歩道をlondonで渡る!

さて、riverpool(リヴァプール)からロンドン(London)に戻ってきまして、今回の旅の最大の目的である世界一有名な横断歩道を渡るためにこちらへ。

 ついにやってきました、アビイ・ロード(Abbey Road)

 正確にはアビイ・ロード・スタジオ(Abbey Road studio)の前にある横断歩道になります。

884.jpg


 2010年、英国の歴史遺産に指定されました。

 「アビイ・ロード」(Abbey Road)は、英国にて1969年9月26日に発売された、beatlesの12作目のオリジナル・アルバムになります。

 当初はエヴェレスト山でジャケット撮影を行う予定だったようですが、ポール(paul)がスタジオの前でいいんじゃん?と言ったようで、ここになった模様。

 他色々エピソードがありまして、一番有名なのはポール(paul)死亡説。

 その根拠ですが・・・

 背景に写っている車のナンバーが「IF28」というものから、もしポール(paul)が生きていたら28歳だった。

 ポール(paul)が裸足(死体)で、左利きなのに右手でタバコを持っている。

 ジョン(john)は白いスーツで長髪にひげをはやしていて「神父」なのでは。

 リンゴ(ringo)は黒いスーツを着て「葬儀屋」では。

 ジョージ(george)はデニムシャツにジーンズ姿で「墓堀人」では。

 では、i Podで「アビイ・ロード」(Abbey Road)を聴きながら横断歩道を色々な角度、場所から撮影です。

886.jpg

888.jpg

889.jpg

890.jpg

891.jpg

894.jpg


 世界中から観光客が来るところなので、他に人が写ってしまうのはどうしようもありません。

903.jpg


 「アビイ・ロード」(Abbey Road)のジャケット写真を片手に色々試してみると、この2種類の点線の間くらいから、横断歩道を撮るとジャケット写真とかなり似た感じで撮れることが分かりました。

899.jpg

893.jpg

928-1.jpg


895.jpg

 で、横断歩道前で「アビイ・ロード」(Abbey Road)を聴いていたら、日本から来たという学生のOさんと意気投合し、お互い写真を撮り合ったりしました。

 そして、アビイ・ロード・スタジオ(Abbey Road studio)。

916.jpg


915.jpg

912.jpg

913.jpg


 以前は「EMI Recording Studios」という名前でしたが、改名され今の名前になった。

 今の名前になったのも、ビートルズの「アビイ・ロード」(Abbey Road)のアルバムがあまりにも有名になった為のようです。

 こちらも壁いっぱいに世界中からきたファンが落書きをしていきます。

908.jpg

910.jpg

911.jpg

917.jpg

918.jpg

919.jpg

920.jpg

921.jpg


 ここでビートルズがアビイ・ロード他の録音をしていたかと思うと、感無量。

 近くの建物にはこんな標識も。

926.jpg

925.jpg


 結局、この辺りで「アビイ・ロード」(Abbey Road)のアルバムを最初から最後まで4、5回くらい聴いて涙を流しながら歌ったりしてました。

 半日くらいいたかもしれません。

 これから行かれる方に情報を少し。

 けっこう交通量は多く、あまり撮影に時間をとられていると、クラクションを鳴らされます。

 撮影に来る人も多く、かぶってしまうこともかなりあるので、早朝に訪問したほうがよいかと。

 で、この辺りをウロウロしていたら、地元のbeatles goodsのお店があるよとチラシをくれたおじさんがいたの

で、先ほど知り合ったOさんと行ってみることに

 続く


more...

【theme : ヨーロッパ旅行記
【genre : 旅行

tag : ビートルズ アビイ・ロード ロンドン オリンピック リヴァプール イギリス

祝 ロンドン オリンピック 開催 イギリス旅行・ビートルズ(beatles)編 その5 英国riverpool(リヴァプール)

 お、目の前に「ストロベリー・フィールド(Strawberry Field)」が再現されてます。

716.jpg


 ジョン(john)は小さい頃、よく遊びに行っていた孤児院跡。

 門だけ今でも残っています。

 本物の「ストロベリー・フィールド(Strawberry Field)」の門はこちら

454_20110831200949.jpg


 ビートルズが外貨獲得に貢献したということで、大英帝国勲章が授与されました。

715.jpg


 ジョン・レノン(johnlennon)とポール(paul)・マッカートニーが初めて出会ったセント・ピーターズ教会(St.Peter's Church)内にある、ウールトン共同墓地のエリナー・リグビー(EREANOR RIGBY)」の墓を再現。

717.jpg


 ちなみに、本物はこちら

436_20110831200948.jpg


 1967年、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band)が発売される。

723.jpg


 ジャケットには相当な数の著名人が載っているが、ジャケット写真への掲載の際には、EMIのスタッフが本人および肖像権所有者と交渉して掲載許可を得たそう。

725.jpg

724.jpg


 福助くんもちゃんと再現済み。

 1967年に作られた、マジカル・ミステリー・ツアー ( Magical Mystery Tour)の映画サウンドトラック。

727.jpg

721.jpg


 カメラを回し続ければ何か起きるだろうとバスで出かけたのですが、大したことが起きず終了してしまった映画。

 アニメ映画「イエロー・サブマリン(Yellow Submarine)」の世界が再現されたところ。

722.jpg

729_20110919143656.jpg


730.jpg


 潜水艦の中まで再現されています。

731.jpg

732.jpg


 ルーフトップ・コンサート (Rooftop Concert、Rooftop Performance)。

733.jpg


 旧アップル・コア本社の屋上で行われたコンサート。

 ビートルズの最後の歴史的なライブ・パフォーマンスになった。

 途中で警察官の制止があり、中断されたという伝説のコンサート。

 以前はこんなペイントがされていたそう。

734.jpg

737.jpg


 現在の旧アップル・コア本社「3 サヴィル・ロウ(3 Savile Row)」はこちら

415.jpg


 

more...

【theme : ヨーロッパ旅行
【genre : 旅行

tag : ビートルズ イギリス 英国 ロンドン オリンピック アビイ・ロード

祝 ロンドン オリンピック 開催 イギリス旅行・ビートルズ(beatles)編その4 英国riverpool(リヴァプール)

 「ビートルズ・ストーリー(The Beatles Story)」にやってきました。

609.jpg


 こちらもリヴァプールでは是非来たかったところ。

610.jpg


 アルバート・ドッグの中にあります。

 入り口は階段を下がったところにあります。

 入り口で入場料を払うと、無料の音声ガイドを貸してくれます。

 Japaneseと言えば、日本語版もあります。

 で、通路を進んでいくと番号が書いてあるので、音声ガイドで番号を押すと、そこの説明をしてくれます。

 ジョンの言葉。

611.jpg

612.jpg


 ジョージが使っていたギター。

622.jpg

623.jpg

625.jpg


 クオリーメン(The Quarrymen)関連。

627.jpg

 1957年3月、イギリスリヴァプールでジョン・レノンを中心に結成されたビートルズの前身のバンド。

628.jpg

629.jpg


 左から、ジョン、ポール、ジョージ。

631.jpg


 この写真は貴重ですね。

 再現された、カスバ・コーヒー・クラブ(Casbah Coffee Club)の様子。

634.jpg


 当時、ビートルズのメンバーだった「ピート・ベスト(Pete Best)」の母親が経営していたところ。

635.jpg


 ここで、クオリーメンからビートルズに改名し、初めてのライブを行ったのです。

636.jpg


 この星のマークはポールが書いたもの。

 そして、ドイツハンブルク・ツアーへ。

640.jpg


 この頃はスチュアート・サトクリフがメンバーで、リンゴ・スターはまだいませんでした。

650.jpg

653.jpg

654.jpg


 この人がアラン・ウイリアムズ。

651.jpg


 初代ビートルズのマネージャーです。

643.jpg


 この頃、ジョンが使っていた、酒を入れる容器。

644.jpg


 尻のポケットに入れて使っていたという説明書きがありました。

 こちらが、リヴァプールマージービート新聞社を再現したところ。

657.jpg

658.jpg

660.jpg

661_20110906203746.jpg


 当時の記事が多数あります。

 こちらが、メンバーが楽器を買っていたヘッシー楽器店を再現したもの。

664.jpg

665.jpg


 ビートルズのメンバーや、若いミュージシャン達がツケで楽器を買っていたそう。

 後にビートルズのマネージャーに就任したブライアン・エプスタインは、ツケになっていたメンバーの楽器代を支払った。

more...

【theme : ヨーロッパ旅行
【genre : 旅行

tag : リヴァプール イギリス 英国 ビートルズ ロンドン オリンピック

祝 ロンドン オリンピック 開催 イギリス旅行・ビートルズ(beatles)編 その3 英国riverpool(リヴァプール)

 そして、「マシュー・ストリート(Mathew St.)」内のショッピングセンターキャヴァーン・ウォークス(Cavern walks)へ。

 入ってすぐにこんなお店が。

826.jpg


 そして、中央部のは4人の像が。

827.jpg

830.jpg


 これはジョン?

831.jpg

832.jpg


 ポール?

828.jpg

829.jpg


 リンゴ?は座ってるから分かるか。

833.jpg

834.jpg


 ジョージ?

835.jpg

836.jpg


 似てね~

 こんなオブジェもあります。

837.jpg

838.jpg


 そして「キャヴァーン・パブ(Cavern Pub)」

841.jpg


 ジョンの像があったので、私も記念撮影。

564.jpg

845-1.jpg


 すぐ近くの壁一面には色んな人の名前が。

842.jpg


 少し離れたところには「エリナー・リグビー(EREANOR RIGBY)」が座ってます。

580.jpg

581.jpg


 良く見ると手持ちの新聞は「リヴァプール・エコー(Liverpool Echo)」

849.jpg


 高くて私には泊まれない「ハード・デイズ・ナイト・ホテル(Hard Days Night Hotel)」

578.jpg

567.jpg

568.jpg

569.jpg

570.jpg

571_20110826221227.jpg

572_20110826221226.jpg

573_20110826221226.jpg


 1Fのおみやげコーナーには、ビートルズ関連のグッズが多数あります。

 品揃えはリヴァプールで一番ではないでしょうか。

 上を見上げると、4人の像があるではないですか!

574_20110826220948.jpg

575_20110826220948.jpg

576.jpg

577.jpg


 ナショナル・トラスト・ツアーに続く

 

 

more...

【theme : ヨーロッパ旅行
【genre : 旅行

tag : リヴァプール イギリス 英国 ビートルズ ロンドン オリンピック

祝 ロンドン オリンピック 開催 イギリス旅行・ビートルズ(beatles)編 その2 英国riverpool(リヴァプール)

 こちらがジョンが通ったというパブ。

501.jpg

502.jpg


 「Ye Cracke」と言って、ウィキペディアにも載っています。

 すぐ近くにポールとジョージの母校であるLIPA(Liverpool Institute of peforming Art)がありました。

498.jpg

499.jpg


 現在でも、ポールが講義で訪れるそう。

 ジョンが18歳の頃、スチュアート・サトクリフと一緒に住んでいたという「3 ギャンビア・テラス(3 Gambier Terrace)」

 写真なし

 偶然見つけたBBCラジオのスタジオ(だと思う)

519.jpg

520.jpg

521.jpg


 色んな人が載ってます。

 そしてついにやってきました。

 あの「キャヴァーン・クラブ(Cavern Club)がある、「マシュー・ストリート(Mathew St.)」

583.jpg


 まずは「ビートルズ・ショップ(The Beatles Shop)」

839.jpg

840.jpg


 こちらは店員がやる気なさそうで、店内も品揃えが気軽に買えるのもばかりではなく、あまりお勧め出来ません。

 カフェ31という、Cafe Bar

528.jpg


 ビートルズもよく来ていたという、「グレイプス(The Grapes)」

529.jpg

530.jpg

531.jpg

 店内に入ってみます。

585.jpg

587.jpg

589.jpg

590.jpg

591.jpg


 Lennon's Bar

532.jpg

533.jpg

534.jpg

535.jpg


RUBBER SOUL ラバーソウルフレンチバーとラバーソウルのオイスターバーになります。

536.jpg

537.jpg

538.jpg


 で、お待ちかねのあの場所へ

more...

【theme : 海外旅行記
【genre : 海外情報

tag : リヴァプール イギリス 英国 ビートルズ ロンドン オリンピック

祝 ロンドン オリンピック 開催 イギリス旅行・ビートルズ(beatles)編 その1 英国riverpool(リヴァプール) ビートルズゆかりの地巡り

 ついにやってきましたリヴァプール

 数十年来の夢であったビートルズゆかりの地を巡る為に。

 まずはセント・ピーターズ教会(St.Peter's Church)へ。

435.jpg

440.jpg

441.jpg


 1957年7月6日、ジョン・レノンとポール・マッカートニーが初めて出会った場所になります。

 人は私以外誰もおらず、墓地をウロウロし、やっと目的のお墓を発見!

 「エリナー・リグビー(EREANOR RIGBY)」の歌詞の中に出てくる「エリナー・リグビー(EREANOR RIGBY)」の墓。

436.jpg

437.jpg


 そして、こちらはあまり知られていませんが、同じく歌詞の中に出てくる「マッケンジー神父(Father McKenzie)」の墓もすぐ近くにあります。

438.jpg

439.jpg


 そして、教会併設のホールにジョンとポールの出会いを記念したというプレートが見当たらず。

 教会の中に人がいたので聞いてみると、親切に案内してくれました。

442.jpg

443.jpg

444.jpg


 ニッポンから来たと言ったらとても喜んでくれ、丁寧にお礼を言ってお別れです。

 そこから歩いて20分くらいでしょうか。

 「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー(Strawberry Fields Forever)」の「ストロベリー・フィールド(Strawberry Field)」に到着。

446.jpg

454.jpg


 ジョンが小さい頃、よく遊びに行っていた孤児院跡になります。


 現在は施設は閉鎖され、門のみ残っています。

 i Podの音楽は「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー(Strawberry Fields Forever)」

 到着した瞬間鳥肌が立ち、涙が出てきました。

451.jpg


 門には多くのファンの落書きが。

447.jpg

452.jpg

450.jpg



 色んなことを考えながらゆっくりしたかったのですが、ビートルズゆかりの地巡りのタクシーやバス(マジカル・ミステリー・ツアー)などが次から次へと来て、残念ながら次へ向かうことに。

453.jpg


 

 

more...

【theme : 海外旅行記
【genre : 海外情報

tag : リヴァプール イギリス 英国 ビートルズ ロンドン オリンピック

祝 ロンドン オリンピック 開催 第2回 ビートルズ(beatles)カラオケ大会 

 私が行きつけのお店で知り合ったビートルズ仲間とのカラオケ大会。  ビートルズとメンバーのソロ

の曲しか歌ってはいけないというもの。  第1回目の記事はこちら

 1回聞いたことがある位では歌えません。  何十回、何百回と皆さん同じ曲を聞いています。  

 では、今回歌った曲を書いてみます。
 
1,Chains

2,I Saw Her Standing There

3,I Call Your Name

最初のほうは元気のいい曲。

4,Eight Days A Week

5,Dig A Pony

6,She Loves You

7,Mother Nature's Son

ちょっと渋くなってきました。

8,In My Life

9,For You Blue

10,Norwegian Wood

11,I've Just Seen A Face

12,I Me Mine

今回の中で一番メジャーな曲↓

13,Strawberry Fields Forever

14,Hold Me Tight

15,One After 909

16,You Can't Do That

17,You Won't See Me

18,Being For Benefit Of Mr.Kite

19,Happiness Is A Warm Gun

ホワイト・アルバムからも・・・

20,Misery

21,When I Get Home

22,Things We Said Today

23,Piggies

豚の鳴き声の効果音付き↑

24,Yes It Is

25,Long Tall Sally

26,Revolution

27,Matchbox

28,We Can Work It Out

29,Dear Prudence

これもしみじみ歌うと最高↑

30,I Will

31,Do You Want To Know A Secret

32,The Night Before

33,Nowhere Nan

34,Baby It's You

シュレルズのカバー↑

35,I Should Have Known Better

36,Only A Notherm Song

曲名見てぱっと曲が浮かびます?↑

37,Money

38,I Want To Tell You

39,Taxman

40,Savoy Truffle

41,Another Girl

42,The Continuing story Of Bungalow Bill

私はヨーコの変な声担当でした↑

43,Revolution 1

44,Julia

45,Rockey Raccoon

46,Everybody's Trying To My Baby

47,Because

ここから怒涛のアビーロードメドレー↓

48,Come Together

49,Something

50,octopus's Garden

51,I Want You

52,Here Comes The Sun

ちょっと抜けてる曲もありますが(曲がなかった)

53,Because

54,You Never Give Me Your Money

55,Sun King

56,Mean Mr.Musterd

57,Polythene Pam

58,She Came In Through The Bathroom Window

60,Golden Slumbers

61,Carry That Weight

62,The End

63,Her Majesty

最後、こんな曲まで↑

64,Blue Jay Sky

65,Don't Let Me Down

66,The Ballad Of John And Yoko

67,This Boy

68,All You Need Is Love

ここで〆にしとけば・・・  最後の1曲は余計?  誰も知らないでしょ?↓

69,Not A Second Time


4時間近くのステージ。  これだけ歌っても半分も歌ってないんですよね。 ソロも全く歌ってない

し、YesterdayLet It Beという超メジャーな曲もナシ。

 というわけで、次回もやりましょう。  S井さん、Sもっちゃん。

いや~、素晴らしかった。

tag : リヴァプール イギリス 英国 ビートルズ ロンドン オリンピック

ビートルズカラオケ大会 静岡県静岡市両替町 シダックスにて

先日、行きつけのお店リメンバーで仲良くなったビートルズ

好きの人達で、ビートルズと各メンバーのソロしか歌ってはいけないという決まりで、カラオケ大会があ

りました。

 静岡では有名なチェーン店「シダックス」でしたが、「アビーロードB面メドレー(20分)」

や他にもビートルズだけで100曲を超える曲数。  

 

4時間ほどいましたが、それでも全部歌うのはとても無理。


 どんなマニアックな歌でもみんな付いてきてくれます。 「a day in the life」の目覚まし時計の音な

んかもバッチリ再現したりして、至福の時間を過ごすことが出来ました。

 全部歌いきってないということは次があるっていうことですよね。 これだけ歌ってまだソロは1曲も

歌ってないし。  楽しみ。

【theme : 日記
【genre : 日記

tag : ビートルズ

REMEMBER(リメンバー)@静岡市七間町 懐かしの洋楽が聴ける店 静岡県静岡市七間町 ワンショット・バー 

 私が10年以上通い続けている店があります。 店舗は5階にあるのですが、1階の入り口付近に看板

が出ており、

 思い出してみませんか あの頃を・・・

 ロンドンブーツにベルボトム 長髪振り乱しギターを掻き鳴らした

 レコードが擦り切れる程聴いたビートルズ

 どうですか?  そそられるでしょう?  こちらのマスターはお酒はもちろん、懐かしの洋楽にもと

ても詳しいです。  

 私もビートルマニア暦20年以上ですが、つい先日も全く見たことのないジョージ・ハリスンの映像を

見せていただきました。  日本中探しても、こんな映像あるのだろうか?  という内容。  


 いやはや、びっくり。 ただ、他にお客さんがいない時でないとこんなマニアックな映像は見られませ

ん。 お客がビートルマニアばかりではありませんからね。

 店内はとても落ち着いた雰囲気です。  一人で飲むもよし、デートで良い雰囲気になるもよし。  

こんなにいいお店、なかなか無いですよ。


 REMEMBER 住所 静岡市葵区七間町8-6 アクト7ビル5階

        営業時間 18~翌3時

         定休日 毎月第一日曜、1月1,2日

    お店のHP http://www.884net.com/remember/

        

         

tag : ビートルズ ロンドン

キャーバーン・クラブのレンガ ビートルズが英国リヴァプールで演奏していた超有名クラブ!

今から10年も前でしょうか? 上野の松坂屋でビートルズ展をやっていまして、静岡からノコノコ見

に行ったんであります。  ビートルズが現役当時当時使っていたテープレコーダーや、メンバーが住ん

でいた家のドアノブ(誰か忘れた)なんかが展示されていました。

 グッズ販売コーナーで私の目を引いたのは、キャーバーン・クラブで実際使われていたレンガだったん

です。  

 キャーバーン・クラブといえば、イギリスリバプールの中心にあった(80年代に一度取り壊して隣に

立て直した)洞窟のようなクラブで、ビートルズがデビュー前の61年から63年までに274回、しか

も一日12時間以上演奏していた場所なのです。

 この中で1961年11月9日には、後にビートルズのマネージャーとなるブライアン・エプスタイン

もここを訪れています。  

 その80年代に一度解体された時にそこで使われていたレンガが市場に出回ったんですね。  又一部

は立て直したキャバーン・クラブにも使われたようです。

 そのビートルズサウンドがぎっしり詰まったレンガを見た瞬間、ビビッときてしまい買ってしまいまし

た。  値段は興味がない人が見たら「バカじゃないの?」と思われるので、書くのをやめておきます。

  でも私にとっては大切な宝物なんですよ。



030_20120701184722.jpg

031_20120701184721.jpg

【theme : 伝えたいこと
【genre : 日記

tag : リヴァプール イギリス 英国 ビートルズ ロンドン

以下はfeedlyの登録用ボタンです
follow us in feedly
最近の記事
プロフィール

Author:静岡人
 静岡市在住のラーメン大好き人間です。 主に東京とその近辺のラーメンを食べ歩きます。
ラーメン食べ歩きで47都道府県に行っています。 
 当ブログは、主にこんなラーメンがあるよという情報提供が目的であり、ラーメンそのものの分析のようなことは公開しておりません。
 あまりラーメンのこと詳しくないので、御了承ください。
食べた日と、記事を書いた日はほぼ一致しませんのであしからず。

 ビートルズが好きで、ゆかりの地めぐりにイギリスに行きました。
 旅行記やコンサートの記事もあります。

 twitterやってます
 @sizuokajinn (静岡人で検索してください)
 フォロー&リツイート大歓迎です。よろしくお願いします。 

 関わらせていただきましたテレビ番組
 筧利夫のサタハピ静岡
 BSジャパン 武田鉄矢の昭和は輝いていた

 ラジオ番組
 SBSラジオ 山田辰美の土曜はごきげん

毎週水曜日SBSラジオの「GOGOワイド らぶらじ」の「今日の聞いてみよう」というコーナー(15:40頃)に半年ほど出演させていただいておりました。


 ラーメン本
 ラーメンマップ静岡
 ラーメンwalker静岡2013
 ラーメンwalker静岡2017

ポイント二重取りにチャレンジ!
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス こちらに会員登録してサイトを経由して買い物をするだけで、ポイントがたまっていき現金やギフト券、電子マネーなどに交換が可能です。100%ポイント還元(実質無料)(超お得)もアリ。
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
静岡市在住のラーメンつけ麺大好き人間です。 主に東京とその近辺のラーメンつけ麺を

FC2Blog Ranking

リンク
ブロとも一覧

第三希望のしがないブログ ~静岡西部・浜松 ラーメン・つけ麺~

新潟ラーメンを語る
ランキング
こんな商品が通販で買える!
カテゴリー
RSSフィード
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
タグ

人気 ラーメン ランチ営業 日曜営業 家族・子供と 同僚・友人と 一人で 行列 老舗 豚骨 醤油 濃厚 煮干 有名 魚介系 自家製麺 静岡 餃子 つけ麺 雰囲気  味噌 カレー  モチモチ チャーハン 限定 テレビ 動物系 朝ラー 鶏白湯 ニンニク 冷やし 東京 中華そば 焼きそば ノスタルジック 女性 まぜそば うどん 浜松 完成度 隠れ家的 ガンダム お台場 唐揚げ トマト 北海道 友人・同僚と 豚骨臭 和風 お洒落  そば マグロ 秘境 ラジオ 台湾 おすすめ  背脂 デートで 世界遺産 中華料理 ガッツリ 全粒粉 清水 手打ち 化学調味料不使用 ビートルズ アツアツ ドロドロ タンメン 焼肉 再訪必至 二郎 担々麺 こってり 比内地鶏 山奥 カツオ 深夜営業 青森  イギリス 二郎系 地鶏 低温調理 レモン ロンドン 冷やし中華 隠れ家 焼津 英国 富士宮 お好み焼き あっさり 昭和 カツ丼 オリンピック 油そば 沼津 麻婆豆腐 コラーゲン ラーメンショー 藤枝 軍鶏 宮城 新東名 新潟 まぐろ 第二東名 三島 手火山式 岡山 おでん ボサ系 チーズ やきそば 極太麺 極太 掛川 富士 NEOPASA 美人 仙台 安い 和歌山 蕎麦 札幌 丸鶏 ワンコイン 島田 白醤油 福井 食堂 サービスエリア 冷麺 高山 海鮮丼 利尻島 ラーメンフェスタ ネオパーサ 東京ラーメンショー 竹岡式 リヴァプール 福島 韓国 沖縄そば ゆきりん 柚子 家系 白河 ラーメン博物館 横浜 支那そば クラプトン 博多 辛い 濃度 サンマ 名古屋 釧路 帯広 池袋 海鮮料理  牛骨 名古屋コーチン わさび 24時間営業 ベジポタ 僻地 トリュフ ご当地 ウニ 薩摩観光大使 こだわり 湯河原 素晴らしい 佐野 ミシュラン 新横浜ラーメン博物館 チャーシュー 根室 フェスタ 富士山 秋刀魚 燻製 パーキングエリア 24時間営業 広島 会津若松 かわいい 京都 豊橋 ご当地ラーメン 小倉優子 大阪 無化調 秋田 接待で 寿司 牡蠣 太麺 ランチ カラシビ 大間 女子 カフェ お茶 豆乳 岩手 真空調理 町田 八戸 利尻 ラーメンマップ 大勝軒 山形 長野 日光 室蘭 酒田 松本 オンリーワン かつお クリーミー 冷やしラーメン 汁なし カワイイ とんこつ 全粒紛 ワンタン カツ サンマーメン  水木しげるロード 伊豆 台湾まぜそば ミドリムシ 荻窪 下田 しぐれ焼き つけそば さんま 八王子 冷し グリーンカレー 鮮魚系 山梨 深夜 燕三条 AKB 通し営業 手切り 海鮮物 豚丼 本マグロ 中毒性 小麦 東京ラーメンショー2012 イベリコ  パストラミ 網走 磐田 淡麗系 新宿 函館 手火山 つけ麺博 御殿場 徳島 スタミナ お台場ラーメンパーク 沖縄 外せない 再訪確実 喜多方 アビイ・ロード イケメン 袋井 朝ラーメン ワンタンメン 中華料理店  高円寺 しょうゆ ランチタイム営業 激辛 ローストビーフ 焼豚 ヘルシー 隠れ家的雰囲気 尾道 ご当地グルメ 熊本 鉄板焼き デザート そば、餃子 水窪 ジャンク トロトロ AKB48 アンチエイジング イリコ  乾麺 青竹打ち 路地裏 ラム 黒豚 文化遺産 古民家 マー油 オープン 古民家風 アゴ出汁 ラーメンパーク うなぎ 伊東市 滋賀 富士市 鹿児島 ソーキそば 平打ち 敦賀 佐久間町 熱海 鳥取 スイーツ 大つけ麺博 広島焼き 茨城 セノバ 神奈川淡麗系 シャモ 三重 高田馬場 昆布水 淡麗 中村屋 井川 カキ もりそば オススメ 島根 蒲原 王様中華そば ボザ系 焼き肉 海鮮 千葉 福岡 グルメ あつもり 女の子 ピロピロ 女子博 生姜 中国料理 石神本 閉店 さくらえび スパイス 豚骨魚介系 笠岡 伊東 牧之原 冷し中華 喫茶店 長岡 柚子胡椒 アゴ 中華そば焼きそば、タンメン 生醤油 胡椒 うに 神奈川  サバ パクチー 取材拒否 釜石 餃子、麻婆豆腐 宮古 讃岐 

フリーエリア1