ジャパンハイローラーフェスティバル 2021

日本が毎年開催しているハイローラーフェスティバルは、いわば巨人の戦いです。このイベントには、世界中の名だたるポーカープレイヤーが参加し、賞金とともにタイトルを獲得することを目指してしのぎを削ります。

今回のフェスティバルは韓国のパラダイスシティ仁川で、1月3日から6日までの3日間開催され、メインイベントのバイイン額は約350万ドルでした。 

勝利に関して言えば、新たなプロのプレイヤーがチャンピオンとなることも少なくありません。今回は、サミ・ケロプロが99人のエントリーの中から、約60万ドルの賞金を獲得しました。彼のゲームを見た多くの人が「まさに燃えている」と評しました。別のカテゴリーでチャンピオンになったマイク・ワトソンでさえ、彼がトーナメントを制するのを止めることはできませんでした。

そこから先は、誰が2位を獲得するかに注目が集まりましたが、最終的にウェイ・ザオが勝ち取りました。ケロプロはスティーブン・チッドウィックに続いてファイナルテーブルでもチップをリードし、ジョアオ・ヴィエイラは賞金を獲得したもののトップ9の前に敗退したプレイヤー数人の一人になりました。

しかし、ケロプロがプリフロップのラウンドで3ベットしたのに対し、ハックストンから4ベットされるという意外な展開に直面しました。そのため、ケロプロは50ブラインド前後で2人のプレイヤーとピールしたのです。

リードしていたことを考えると、ケロプロはプレッシャーをうまく利用して、あっという間に半分以上のチップを手にしました。彼はマティアス・エイビンガーとローレを破り、4ハンドでチップの80%を獲得しました。

ウェイ・ザオは2位、アイザック・ハックストンは3位となりました。

プロのポーカープレイヤーになるには?

日本では、ポーカーのようなカードゲームをする人はあまりいません。欧米などでは、ポーカーは人気の娯楽であり、お金を稼ぐ絶好のチャンスです。しかし、日本では、競馬やパチンコ、麻雀などの方が人気があります。

例えて考えると、麻雀はセブンブリッジやポーカーに相当し、パチンコはブラックジャックやバカラに相当すると言えます。どちらにしても日本にはカジノがないのでポーカーはできませんが、パチンコや麻雀店は全国に点在しています。

日本はある意味で、世界で一般的に見られるカードゲームやカジノゲームのトレンドから孤立していると言えるでしょう。日本では大半の人が、ポーカーのことを第二次世界大戦後に連合国軍総司令部が普及させた「ファイブカード・ドロー」だと考えています。

ポーカーをする人が少ない日本の環境で、プロのプレイヤーになってスポンサーを獲得するにはどうすればいいのでしょうか?まず、成功したいのであれば、少なくとも10代半ばのうちにポーカーを始めなければなりません。

日本におけるオンラインカジノは現在のところ日本の法律で認められていませんが、海外で合法的に運営されているオンラインカジノに登録して、運だめしをすることは可能です。実際にプレイする前には、数多くの動画やマニュアルで勉強し、誰か他の人にアドバイスをもらえればさらによいでしょう。自信がついたら、小さなトーナメントに参加して自分のスキルを試してみてください。

十分な努力を続けることで、自分のポートフォリオを構築することができるようになり、いずれは大きなトーナメントで勝つことができるでしょう。